国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国立大学協会平成23年度第3回通常総会開催 -「今、改めて復興と再生への貢献を誓う」を表明-(3/7)

国立大学協会平成23年度第3回通常総会開催 -「今、改めて復興と再生への貢献を誓う」を表明-(3/7)

 国立大学協会の平成23年度第3回通常総会が3月7日(水)、千代田区神田の学士会館で開催されました。
 総会では、事業報告、理事会の審議状況、各委員会や支部の活動状況等の報告、東日本大震災に係る支援活動等の状況及び会長からの報告に続いて、次の事項について協議され、いずれも承認されました。
(1)理事の選任等について
(2)平成23年度予算額の補正について
(3)平成24年度事業計画及び収支予算について
(4)諸規程の一部改正について

 報告事項のうち、「東日本大震災に係る支援活動等の状況」に関連して、大震災からの再生と継続的な成長発展に貢献するため、昨年6月22日に取りまとめた「国立大学の機能強化―国民への約束―」の具現化を図り、「有機的な連携共同システム」としてその総力を結集し、引き続き全力を尽くしていくという国立大学全体の決意を、「今、改めて復興と再生への貢献を誓う」として表明することについて承認されました。
 さらに、その他の事項として、東京大学から「入学時期の在り方に関する懇談会」が取りまとめた「将来の入学時期の在り方について(中間まとめ)」について説明があり、入学時期の在り方を含めた大学教育の改革等について活発な意見が交わされ、引き続き議論を行っていくこととなりました。
 (写真:第3回通常総会及びその後の記者会見の様子)