国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >「国立大学法人トップセミナー」を開催(8/22~23)

「国立大学法人トップセミナー」を開催(8/22~23)

 国立大学協会は、8月22日(木)、23日(金)の2日間にわたり、横浜市のホテルモントレ横浜において、「国立大学法人トップセミナー」を開催しました。

 このセミナーは、国立大学の機能を強化するため、それぞれの大学のあり方・役割について議論することを目的として毎年開催されており、今年度は58名の学長が参加しました。

 今年度は、「国立大学が求められていること、期待されていること」をテーマに、以下のプログラムで開催され、大学の機能強化が今まで以上に強く求められている昨今、ガバナンスの在り方や大学間連携など、大学の機能強化に主体的に取り組んでいる各学長の事例発表等、最後まで活発な意見交換が行われ、大変有意義なセミナーとなりました。
 

【8月22日(木)】

<講演>

「いま、法人化した大学に改めて期待すること」(講師:武蔵学園学園長(元文部大臣) 有馬朗人氏)

「国立大学への期待―イノベーションの担い手となる人材の育成をー」(講師:日本アイ・ビー・エム株式会社相談役 北城恪太郎氏)

 

【8月23日(金)】

<各大学の事例発表>

①   「国際的資源学の世界的教育拠点形成及び次世代型学部運営の体現についてー資源学分野での世界のハブ大学を目指すー」(発表者:吉村秋田大学長)

②   「大阪大学の成長戦略~未来戦略機構による研究型大学のガバナンス改革~」(発表者:平野大阪大学長)

③   「北海道内国立大学の機能強化について~北大を拠点とする連携体制の構築~」(発表者:山口北海道大学長)

④   「四国5大学連携による知のプラットフォーム形成事業」(発表者:香川徳島大学長)

  事例発表終了後、総括討論として発表者4名と参加者との間で意見交換が行われた。

 

有馬朗人氏による講演
有馬朗人氏による講演
北城烙太郎氏による講演
北城恪太郎氏による講演
総括討論の様子
総括討論の様子
進行の前田鹿児島大学長(左)、丸本山口大学長(右)
進行の前田鹿児島大学長(左)、丸本山口大学長(右)
吉村秋田大学長
吉村秋田大学長
平野大阪大学長
平野大阪大学長
山口北海道大学長
山口北海道大学長
香川徳島大学長
香川徳島大学長