国立大学協会

トップ >(x)東日本大震災への対応 >東日本大震災に係る支援活動の状況について(平成24年2月末日 現在)

東日本大震災に係る支援活動の状況について(平成24年2月末日 現在)

東日本大震災の発生直後から、各国立大学(86大学)は、個別あるいは他機関等と連携し、被災地での医療支援や緊急物資支援、学生支援など多数の支援活動を実施しており、また、現在も様々な取組みを継続しています。

これらの支援活動の状況について、別添資料のとおり取りまとめを行いました。

調査対象

 全86国立大学

(注)被災大学である岩手大学、東北大学、宮城教育大学、福島大学、茨城大学、筑波大学、筑波技術大学、宇都宮大学の8大学については、下記の調査項目のうち ※ を付した事項についてのみ調査を実施

東日本大震災に係る支援活動の状況について
概要 (PDFファイル 126KB)
調査項目  
全体 (PDFファイル 965KB)
項目別  
1.医療支援 (※) (PDFファイル 321KB)
2.救援物資等
 ①緊急物資支援 (PDFファイル 300KB)
 ②義援金 (PDFファイル 233KB)
3.学生及び研究者支援
 ①被災した学生の入学等の弾力的取扱い (※) (PDFファイル 253KB)
 ②被災大学の学生、教職員への支援 (PDFファイル 211KB)
 ③学生による被災地でのボランティア活動 (※) (PDFファイル 415KB)
 ④被災学生・大学院生の受入れ、講義の履修、聴講 (PDFファイル 158KB)
 ⑤被災大学院生への研究支援 (PDFファイル 153KB)
 ⑥研究者への支援 (PDFファイル 188KB)
 ⑦受入れた学生及び研究者用の宿泊施設の確保 (PDFファイル 120KB)
 ⑧その他 (※) (PDFファイル 161KB)
4.就職支援
 ①被災した学生に自大学の就職支援等を行うことができるキャリアセンター等の利用 (PDFファイル 124KB)
 ②被災した学生に対し、就職活動中の短期宿泊に供することが可能な宿泊施設の提供 (PDFファイル 94KB)
5.被災大学への教職員の派遣 (PDFファイル 158KB)
6.被災者への支援 (※) (PDFファイル 263KB)
7.その他 (※) (PDFファイル 485KB)