国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国立大学協会 第1回通常総会を開催(6/11)

国立大学協会 第1回通常総会を開催(6/11)

 国立大学協会は、6月11日(火)、令和元年度第1回通常総会を開催しました。

 総会では、役員の任期満了に伴い役員の改選が行われ、会長に永田 恭介 筑波大学長、副会長に西尾 章治郎 大阪大学長、大野 英男 東北大学長、山崎 光悦 金沢大学長、林 佳世子 東京学国語大学長がそれぞれ就任しました。永田会長は就任に当たって「多様な国立大が86校あることの意味を考えなくてはならない。国立大は知的基盤を支えるインフラであり、いかにこの国を支えるかの議論を積極的にしていきたい」と述べました。

 また、各委員会の活動や「国立大学の2021年度入学者選抜についての実施要領」、「第4期中期目標期間における国立大学法人の教育・研究に関する客観的指標等の在り方について(論点整理)」及び「国立大学ガバナンスコード骨子」が了承されました。その後、国立大学を取り巻く課題について活発な議論がなされました。

 総会後には会長・副会長による記者会見がありました。

総会の様子

総会の様子

永田新会長の就任挨拶

永田新会長の就任挨拶

記者会見の様子

記者会見の様子