国立大学協会

トップ >新着情報 >お知らせ >国立大学協会「2020年度国立大学法人等広報担当者勉強会」を開催(9/1)

国立大学協会「2020年度国立大学法人等広報担当者勉強会」を開催(9/1)

 国立大学協会は、9月1日(火)に、2020年度国立大学法人等広報担当者勉強会をオンラインにて開催しました。

 この研修会は、国立大学法人等広報実務担当者を対象に、広報戦略の意義と個々の広報業務の戦略性を認識することで、現場の業務に還元できるものを得ることを目的として実施するもので、各機関の広報担当者60名が参加しました。

 当日は、林佳世子 広報委員会委員長の開会挨拶の後、茨城大学 広報室専門職 山崎一希氏の講演及びグループディスカッションを実施。

 講演では、山崎氏が「国立大学の広報の役割とプランニング:私の模索と実践から」と題して、広報業務における考え方や経験に基づくプランニングの実例について講演し、各機関の広報担当者と広報戦略のイニシアチブや効果測定などに関する質疑応答が行われました。

 その後、研究、入試、国際、寄附募集、危機管理の5つの広報の目的別に設定した各グループによるディスカッション・発表、山崎氏及び山口宏樹 専務理事からの講評が行われました。

 参加者からは「講演では、戦略的な広報のためのプランニングと考え方、報道機関や学内の他の部署との関係づくりの重要性について考える機会となった」や「グループでの議論をとおして、他の機関の取組や課題を共有でき、また、新たな観点を得ることができたので、今後の業務に取り入れたい」などのコメントが寄せられました。

 



開会挨拶をする林広報委員会委員長
開会挨拶をする林広報委員会委員長

 

講演をする山崎氏
講演をする山崎氏

 

山崎氏(画面右上)の講演に聴き入る参加者
山崎氏(画面右上)の講演に聴き入る参加者

 

発表の様子
発表の様子

 

講評をする山口専務理事
講評をする山口専務理事