国大協News

「国公立大学振興議員連盟第23回総会」の開催(8/29)

お知らせ

8月29日(月)に衆議院第1議員会館多目的ホールにおいて、国公立大学振興議員連盟第23回総会が開催されました。上野賢一郎事務局長の進行のもと、冒頭に塩谷立会長からの挨拶がありました。文部科学省からは、簗和夫文部科学副大臣、伊藤孝江文部科学大臣政務官等の出席があり、議事に先立ち簗和夫文部科学副大臣より挨拶がありました。

議事に入り、永田恭介国立大学協会会長より、国立大学関係予算の充実に向けて説明があり、大学ファンド及び地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージの重要性や、国立大学に求められる役割について説明がありました。

続いて、玉手英利山形大学長より、山形大学における地域の中核を担う国立大学としての取組みについて説明がありました。

また、松尾太加志公立大学協会会長より、公立大学からの要望について説明の後、中島正信全国知事会事務総長より、「イノベーション・コモンズ(共創拠点)」の推進について説明がありました。その後文部科学省から森田正信大臣官房審議官、寺門成真科学技術・学術総括官、笠原隆大臣官房文教施設企画・防災部長より、令和5年度国立大学法人関係の概算要求等の方向性について、運営費交付金及び地域中核・特色ある研究大学総合振興パッケージ、国立大学法人等の施設整備等の検討状況に関し、それぞれ説明があり、その後全体を通して質疑・意見交換が行われました。

続いて、令和五年度予算における国公立大学法人関係予算の拡充等に関する決議が採択され、塩谷会長より簗副大臣に要望書を手交し、写真撮影が行われました。

最後に塩谷会長より「様々な課題があるなかで、ご意見をいただき、大学としても特色ある取り組みを行っているので、そういった点については我々もより一層支援していかなければならない。時代の変化に如何に対応していくかが国公立大学の大きな役割だと思っているので、今日頂いた要望、そして、先生方からのご意見を踏まえて我々議員連盟としてしっかり応援をさせていただく。」というお言葉をいただき、閉会いたしました。

 

出席議員44名(うち代理30名、名誉顧問1名含む)
国大協出席者 永田会長、大野副会長、西尾副会長
学長13名  (山形大学、東京農工大学、東京工業大学、東京海洋大学、一橋大学、茨城大学、
宇都宮大学、群馬大学、埼玉大学、上越教育大学、静岡大学、浜松医科大学、滋賀大学)
副学長等15名(帯広畜産大学、東北大学、山形大学、一橋大学、茨城大学、筑波技術大学、千葉大学、
横浜国立大学、総合研究大学院大学、新潟大学、長岡技術大学、静岡大学、神戸大学、和歌山大学、
徳島大学)

 

議員連盟役員による議事進行の様子

 

      

        司会・進行の                 挨拶する塩谷立会長
     上野賢一郎事務局長

 

      

         挨拶する                   説明する永田恭介
      簗和夫文部科学副大臣                国立大学協会会長

      

        説明する玉手英利               説明する松尾太加志
         山形大学長                 公立大学協会会長

 

     

        説明する中島正信               説明する森田正信
        全国知事会事務総長            文部科学省大臣官房審議官

 

     

        説明する寺門成真                説明する笠原隆
     文部科学省科学技術・学術政策局      文部科学省大臣官房文教施設企画・防災部長
       科学技術・学術総括官

 

     

        説明する池田貴城             意見を述べる猪口邦子議員
       文部科学省研究振興局長

 

     

       意見を述べる奥野信亮議員          意見を述べる渡海紀三朗議員

 

    

       意見を述べる田村憲久議員

 

塩谷立会長から簗和夫文部科学副大臣へ決議文の手交