会長

会長挨拶

会長 永田 恭介(筑波大学長)

 コロナ禍によって、様々な地球規模の課題や分断と格差といった社会問題が浮き彫りになり、誰もが社会を取り巻く問題について真剣に考えるようになりました。各国立大学では、学生自身を支える食料支援事業等の実施、学生の学業活動を支える遠隔授業や心身のケア事業などの展開、大学関係者のみならず近隣の方々に向けたコロナワクチンセンターの設置、「コロナ・アフター・ケアの外来」の開設、ウイルス対策に向けた研究活動など、個々の大学の取り組みのみならず国と地域の拠点としてコロナ禍に対応し、貢献してまいりました。

 

 国立大学は、それぞれが特色を有する86大学で成り立っており、創設以来、世界最高水準の教育・研究の実施や重要な学問分野の継承・発展、全国的な高等教育の機会均等の確保といった役割を担ってきました。 約6万人の教員は、約59万人の学部生・大学院生の教育を担うとともに、多種多様な研究を展開しています。国立大学が有する「知の資産」としての多様な学術知は、SDGsの実現、グリーン・リカバリー、カーボンニュートラルの推進をはじめとする地球規模の課題を解決するとともに、災害や感染症等に対応する高度にレジリエントで持続可能かつインクルーシブな社会を実現するための大きな力となります。

 

 全ての都道府県に置かれている国立大学は、イノベーションの創出や優れた人材育成を通じて各地方(地域)の活性化の中核を担ってきました。国立大学は、各地方(地域)の文化・社会・経済を支える拠点であり、地方(地域)の産業、医療、福祉、教育などに責務を負っていることを自覚しています。人口減少や産業の知識集約型へのパラダイムシフトを背景に地方創生が我が国の重要な課題となる中、近年一層高まる国立大学に対する期待に応えるべきだと考えています。加えて、国立大学はどこにあっても地域の国際社会への窓口であり、人材育成を通じた息の長いソフト外交を支え、国際ステージにおける研究教育インテグリティの確立を先導するなど、普遍的価値を念頭に、安心・安全な世界の在り方にも貢献してまいります。

 

 令和4年度は、第4期中期目標期間の初年度を迎える節目の一年です。国立大学は個々に、また総体として、我が国の持続的な発展と強靭でインクルーシブな社会の実現に向け、機能を強化・拡張します。デジタルテクノロジーを駆使した教育・研究・社会貢献はもとより大学マネジメントの機能強化を行うとともに、社会の要望に応えることができる人工知能(AI)技術、ビッグデータ解析などのデジタルサイエンス・テクノロジーに長けた人材の育成についても、中核となって担っていきます。
 

 

 「知の泉」である国立大学は、新しい日常(New Normal)を、新たな考え方とその実践により形作っていくために、ジェンダーはもとより人の多様性を重視し、多様なステークホルダーと共に前進し、総体として知の循環と社会への還流を生み出し、コロナ新時代の新たな価値の創造と社会基盤の構築を先導する役割を果たしていきます。国立大学協会は、こうした自律的な取り組みを社会に向けて積極的に情報発信し、国立大学を取り巻く全ての関係者のみなさまのご期待に応えられるよう努力してまいります。関係各位には、国立大学及び国立大学協会に対し引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。