国立大学協会

トップ >会長

会長挨拶

photo_kaicho_20190611.jpg

会長 永田 恭介(筑波大学長)

 グローバル化が進む世界は大きな転換点に直面しています。我が国においても、デジタルサイエンスの急速な発展を基軸にSociety5.0の実現と同時に、人口減少に伴う課題の解決、人生100年時代の到来への対応、地方を基盤とした社会の実現などが求められています。グローバル化自体も競争から競争と協働のステージへと移行してきています。これらの実現の前には、これまでの経験だけでは解決することが困難な課題がいくつも存在します。

 

 国立大学はそれぞれが個性を持つ86大学から成り立っています。約6万人の教員は、59万人超の学生・大学院生の教育にあたるとともに、一人ひとりが多種多様な研究を展開しています。こうした多様性は、過去の単純な延長線上に将来を描くことができない社会において、あらゆる変化や可能性に柔軟に対応し得る力の源泉でもあります。

 

 全ての都道府県に置かれている国立大学は、イノベーションの創出や優れた人材の育成を通じて各地方(地域)の活性化の中核を担ってきました。国立大学は、各地方(地域)の文化・社会・経済を支える拠点であり、地方(地域)の産業、医療、福祉、教育などに責務を負っていることを自覚しています。人口減少や産業の知識集約型へのパラダイムシフトを背景に地方創生が我が国の重要な課題となる中、近年一層高まる国立大学に対する期待に応えるべきだと考えています。

 

 大学で学んだ学生が、VUCA(Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity)の時代の中で、自ら未来に向けて真に人がかかわらなければならない仕事、あるいはかかわるべき仕事を見出すとともに、その仕事において新たな価値の創造に繋がる活動ができるように育てていかなければなりません。それを実現する大学の教育が高度な研究を基盤として行われるものであるとの原則に立てば、研究力の向上は不可欠です。国立大学には高い水準の研究を推進し、大学院の充実を基盤とした高度な教育研究を国際的な競争力をもって展開することが期待されています。

 

 さらに、従前にも増してこれまでに見出されていなかった新たな才能を見出す努力が必要であり、同時に外国人、社会人の受け入れを進め、社会の発展を牽引する高度な人材を確実に輩出しなければなりません。そのためには、これら多様な人材が最適な教育を受けられるよう、教育システムの改革とコンテンツの充実が必要です。

 

 このような国立大学が重要と考える役割を果たすためには、個々の国立大学が自らの特長を活かして展開すべき取り組みと、国立大学が総体として挑戦すべき取り組みがあります。国立86大学が一体となり、地方を支え、我が国を支え、世界と伍していく集団としての役割を果たすことこそが重要であり、それを支えることが国立大学協会の使命です。

 

 関係各位には引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。